本文へスキップ

有限会社グリーンワールド八女は福岡県八女市でおいしいお茶と大麦若葉を生産しています。

TEL. 0943-24-0502

〒834-0062 福岡県八女市岩崎114-3番地

製造・加工

八女茶ができるまで

茶園です。
10月の秋冬番が終わるとすぐに来年の一番茶を摘むための作業が始まります。
施肥・防除・整枝・耳切り・草取りなどたくさんの作業があります。
霜の被害にあわない様、3月になると防霜ファンをセットします。
そして4月下旬、いよいよ一番茶の芽摘みが始まります。
グリーンワールド八女では、乗用型摘採機を使いダンプカーで工場まで運びます。
摘んだ生葉を工場のコンテナに一時保管します。
コンテナでは送風し生葉の鮮度を保ちます。
一時コンテナに保管した生葉は、まず蒸し器で蒸します。
蒸しはその酸化酵素の活性を止めることが第一の目的です。
さらに生葉の青臭さを取り除き、緑茶独特の香味が引き出されます。
次に葉打、粗揉工程です。
お茶を揉む目的は次のようなことです。
  @煎茶を淹れた時によく出るようにする。
  A葉と茎を同時に乾燥させる。
  Bアクをぬき、茎に含まれるうまみ成分が抽出されて    渋みなど成分比率が下がる。
そして、揉捻工程で葉脈や茎中心部にある水分に圧力をかけて揉みだすことで均一にし、中揉工程で茶葉の汁気を取り除きます。
精揉機で芯水を揉みだして乾燥するとツヤ・味・香りがでます。
最後に乾燥機で水分5%程度にすると、荒茶の出来上がりです。
この後仕上げ・火入れ・ブレンドなどをしてして店頭に並びます。

青汁ができるまで

稲刈りが終わると施肥をして大麦の種を播きます。
芽が出たら水揚げをして麦踏をします。
大麦若葉は穂が出る前の冬場に刈り取るので、害虫なども
少ないため農薬は使いません。


バナースペース

有限会社 グリーンワールド八女

〒834-0062
福岡県八女市岩崎114-3番地

TEL 0943-24-0502
FAX 0943-22-9090